不要になったカメラを売却したい場合、主な方法としては3種類あります。宅配買取、店頭買取、出張買取が代表的なカメラを売る方法です。

宅配買取は、査定を申し込むショップにオンライン上の専用フォームやメール、電話で依頼後、送付されてくる宅配キットにカメラを詰めて返送することで売却する方法です。送料や査定料が無料なショップが多く、店頭まで自分で持ち込む必要がありません。手間をかけたくない人に向いている方法です。ただ、キットが届くまでの日数と、返送後にショップにカメラが届くまでの日数はかかります。急いでいる人には向いていない方法といえるでしょう。

店頭買取は実店舗まで自分でカメラを持ち込んで売却する方法です。その場ですぐに査定を受けて現金化したい人に向いている方法といえるでしょう。ただ、実店舗に行く時間と手間、交通費が、とくにショップまで遠い場合にはかかってしまいます。

出張買取はショップのスタッフが自宅に来て、その場で査定を行ない売却する方法です。その場で現金化をすることが可能であり、店頭買取と一緒で急いで売りたい人におすすめです。ただし、出張料金がかかる場合があるほか、対応エリアが東京近郊など限定されていることが多いです。

以上が主なカメラ買取の方法と特徴です。一番お金がかかりにくいという意味で、買取金額が高くなりやすいのは宅配買取ですが、自分に合った方法で売却しましょう。当サイトではほかにも高額買取を実現するための方法を紹介していますので、興味のある方はチェックしてください。

カメラを買取に出す方法