カメラを売りに出す場合には、買取以外にも下取に出すことも考えてみるとよいでしょう。カメラを売るという点で買取と下取は共通していますが、下取はさらに下取に出したショップで新たに商品を購入することが条件です。車にも下取はありますが、カメラの場合も車の場合と同じしくみです。下取の金額と、新たに購入する商品の差額を、カメラを売った人が支払う形になります。

お金を支払うことで損をするのではないかと思う人もいるでしょうが、カメラを売るショップと同じショップで別のカメラなどの商品を購入したい人におすすめの方法です。ショップによっては買取と下取の両方に対応していますが、買取上限額と下取上限額では後者のほうが高く設定されていることがあります。また、下取に出して新たに購入する商品の割引を受けることが可能なケースもあります。高く売って安く買うことが可能なため、買取より下取を選択したほうがいい場合があるのです。

下取の場合の高額査定実現も、買取に出す場合と変わりません。事前にインターネット上にウェブサイトを開設している、下取を行なっているショップで、オンライン査定を受けたり無料見積もりを取得したり、電話で見積もりを取ったりするだけです。一番高く下取に応じてくれるショップを探し、申し込みをしましょう。

下取りの検討もアリ